読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想いをカタチに。お金の使い方革命「マネバナ」

マネバナ代表高田が、お金の話、マネバナを通じてお金のその先の未来を最高にしていくための実践記です。

経済的自立をする方法

経済的自立をする方法を考えてみた。

 

好きなことを仕事にしたい!!

漠然と将来に不安を感じる!

この会社大丈夫かな?

等、

私は普段マネバナを通じて

いろいろな想いを持っている人と対話をしているけど、

そういう人こそ、経済的自立をする仕組みを理解するべきだと思っている。

 

もしかしたら不安が解消されるかもしれないし、

行動がより促進されていくかもしれない。

 

おそらく経済的自立をしたくないっていう人はいないのではないか、、とも感じている。

 

 

なのでもしよかったらあなたも一緒にこのテーマについて考えてみてもらいたい。

 

そもそもなんだけど、経済的な自立って何だろう、、、

ってところから。

よくわからないので、Facebookの友達のみんなに聞いてみたところ、

様々な考えをシェア頂いた。(ありがとうございます!!)

www.facebook.com

・貯金残高

不労所得の額

・寄付

・選択の自由

キャッシュフロー

・ご飯を食べれるかどうか・・・

 

等、様々な考え方があったんだけど、

まずここの定義を整理しようと思う。

 

例えばだけど、

大学生が親から仕送りもらっていたら、、

これは経済的に自立していると言える??

多分、多くの人が「NO」と答えるのではないだろうか。

親に生活を依存している状態ですもんね。

 

んじゃ、

その子がどこかの会社に入社し、

手取り20万円で生活費は15万円。

借金はなく、毎月5万円は貯金できている状態。

 

これはどうでしょう?

 

経済的に自立しているって言えるのかな?

答えがあるわけではないけど、

私的には、これもNO。

 

依存の対象が親→会社

に変わっただけだと思ってしまう。

 

この時点で、おそらく多くの人が、

経済的に自立をしていないという括りになってしまうかもしれない。

 

んじゃ投資をしていたらいいの?

っていうと、そういうわけでもないと思う。

 

不動産投資でも、株やFXのトレードでも、

たとえ利益を出していたとしても、

利益を出す=経済的自立

にはならないと感じる。

 

んじゃなんなんだよ!

って思われるかもしれないが、

私個人的の定義としては

 

「どのような状態になっても社会に対して価値を提供できること」

 

だと考えている。

(まだまだ言葉を精査しないといけないけど、ニュアンス的には。)

 

勤めている会社が潰れても、

貯金が0になっても、

借金を抱えたとしても、

 

社会に対して価値を提供して、稼ぐことができれば

それは経済的に自立していると言えるのではないかと思うわけ。

 

もちろん、この定義は私の考え方なので、

違う考え方はもちろんあるだろうけど、

今後私がいう経済的自立っていうのは、

そういう意味だということで、理解いただければ嬉しい。

 

んじゃ、前提が共有できたところで、

経済的自立をする方法について、私の考えをシェアしていこうと思う。

 

この前提を考えたときに、

お金を貯めること=経済的な自立

とはならないと私は思う。

 

あなたの貯金がたとえ1億円になっても、10億円になっても、

経済的自立とは言えないと思う。

 

だから、経済的自立をしよう→だからお金を貯めよう!増やそう!

というロジックにはならない。

 

また、あなたの目の前の仕事をどれだけ頑張っても、

経済的自立には結び付きづらい・・・

というのは、あなたも感じるのではないだろうか。

 

んじゃどうすればいいの!?ってなり、

これは私の提案なのだが、

「お金からの精神的な自立」

から始めるのはどうか。

 

 

お金を貯めないと。。

資産を増やさないと。。

お金がないから、、

お金さえあれば・・・

と考えているうちは、間違いなく経済的自立には結びつかない。

 

お金にフォーカスするあまり、

お金に依存することになってしまう。

 

お金から精神的に自立している状態とは

・他責ではなく、自責で考えられること

・自分の価値観やミッションに基づいて行動できる

ことだと思う。

 

お金ではなく、本当に大切なものは何か。

何を成し遂げたいのか。

 

そのように、お金から精神的自立をすることによってはじめて、

経済的な自立に向かっていけると思う。

 

もちろん中には、

経済的に裕福になったからこそ、

精神的に自立できた!

という人もいると思う。

 

でも、私の経験では、

お金を追い求めるより、

精神的な自立を追い求めたほうが、

間違いなく成果が出るスピードも速いし、

人生が豊かになる。

 

私自身がお金を追い求めてきたからこそ感じることだし、

精神的に自立していない人は、ビジネスでも投資でも、そもそも成功しづらいと思う。

(ある程度はできても)

 

また、お金を稼いだとしても、

本当の豊かさを感じない、と報われない想いをしている人も多くみてきた。

 

 

だから、まずはお金からの精神的自立を考えてみてほしい。

 

お金からの精神的自立をする方法。

 

それは、結論から言えば、マネバナをしよう!

ということなのだが笑、

 

マネバナではなくても、

つまりは、

お金に関するあなたの思考を見える化してみよう

ということ。

 

あなた自身やお金と向き合い、

日頃、お金についての漠然とした思考を見える化することで、

あなた自身の「偏り」がわかる。

(もちろん、私自身も偏っている)

 

その偏りに気づくことで初めて、

言葉や行動を修正していくことができる。

 

ふとしたときの言葉、発信する情報。

何気ない毎日のお金の使い方。

付き合う仲間や環境。

 

精神的な自立と共に、これらを修正していくことで、

間違いなく経済的自立に結びついていくと思う。

 

大切なのはあなた自身の当たり前を一回疑ってみること。

自分自身と対話していくこと。

 

これは正解不正解とかなく、

あなた自身がこれからずっと、死ぬまでやっていくべきことだと思う。

 

もちろん、簡単ではないし、

答えがないことに対し悶々と考え続けるのは辛いかもしれない。

 

でも、目に見えるお金というものを追い求め続け、

結果的に虚しさを感じるより、私は100倍有意義だと思う。

 

 

私自身、現在

多くの人がお金からの精神的自立ができるように活動している。

 

マネバナラウンジのFacebookページでは、

毎日自分とお金と向き合うための「ヒントやしつもん」を発信している。

 

もちろん無料で参加できるので、

是非チェックしてみてほしい。

 

マネバナラウンジ

https://www.facebook.com/manebanalounge/

 

一人でも多くの人が

お金からの精神的自立を通じて、

自分らしく活動できたら

より良い社会になると確信している。

 

お金からの精神的な自立をしているメンバーが集まって、

これからの未来を共創していければ、

どんな世界も作っていける。

 

そして、これからの時代は、

お金からの精神的自立が必要不可欠だと信じている。

 

まだまだ私も修行中の身。

一人でも多くの仲間ができれば嬉しいな。

一緒に楽しんでいこう!

 

 

慣れない長文。失礼しました!笑

 

 

シェア歓迎♪