想いをカタチに。お金の使い方革命「マネバナ」

マネバナ代表高田が、お金の話、マネバナを通じてお金のその先の未来を最高にしていくための実践記です。

君は本気で生きているか。本気とは何か

f:id:t63yohei:20171118195548j:plain

本気でやれよ!

覚悟を決めろ!!

 

そんなこと言われたことありませんか?

 

私は、あります!笑

 

やりたいことはやっているし、本気のつもりでもあります!

 

でも、自分が本気の「つもり」なのと、

周りが「アイツ、本気だな!」と思われるのには天と地の違いがありますよね。

 

 

「やればできる男だから。」

的な自分への過信も、結局は力を発揮しないと、意味がないわけです。

 

っていうことを前提として、問いたい。

 

あなたは本気出していますか?

本気ってそもそも何だろう?

自分は本気を出しているのか?

 

私の話でいうと、

今、1月と3月のビックイベントに向けて、毎日活動している。

 

1月12日の大恩送りフェスタ。

 

そして、3月10、11日の、全国一斉!チャレンジフェスタ!だ。

 

1月は735人を満員にすること。

そして3月は1万人を全国で巻き込むことを目標としている。

 

毎日そのことを考えているし、

そのことに向けて動いている。

 

土曜も日曜も関係ない。

夜、というか、朝5時くらいまでオンラインで打ち合わせすることもある。

 

 

本気でやっているつもりだ。

 

 

でも、確かに、

飲んだ時には飲んだくれちゃうし、

午前中寝続けたりとか、

毎日ブログ書きます言っておいてブログ全然書けなかったり、

ダイエットします!言っておいてラーメン食べたり・・・

 

 

お前、本気なのかよ!って言われても仕方ないような、そんな有様だ。

 

 

その一方で、

できないことより、できることに目を向けよう

今の自分を認めよう

ないものじゃなくて、あるものにフォーカスしよう

 

的な、なんだかよく聞くような、自分に甘い部分もある笑。

 

何かを犠牲にすることが本気というのであれば別だけど、

もしそうじゃなければ、

私は本気なのか、本気じゃないのか。

 

ますます謎は深まるばかりだ。

 

 

 

 

あなたは本気ですか?

 

何を持って、本気と言っていますか?

 

 

 

・・・

 

とりあえず、私に関して言えば

 

 

私は本気だ。

 

本気でやりたいし、

本気で頑張ってるし、

やりたくないことにも向き合っているし、

逃げる気はサラサラない。

妻も子も、家族もいる。

やりきる気満々だ。

 

周りがどう言おうが、何を思おうが、

自分の中にアツい火があるから。

 

誰がなんと言おうとやってやる。

 

私は本気だ。

 

 

君はどうだ?

えこひいきは悪いことなのか。

どーも!マネバナ高田です。

 

あなたはえこひいきしていますか?

誰にしていますか?

それとも、していませんか??

 

今日は、私がえこひいきを始めようと動き始めている話です。

 

もう、10月が終わってしまいますね。

そして、11月になろうとしています。

 

3月の西野さんの講演会まで、残り5ヶ月をきっています。

時が経つのが早い。

はっきり言って早すぎる。

 

正直、11月くらいから集客開始したいなーと思っていたのだけど、

全くできそうもない笑。

 

いろいろああだこうだ考えていたら、もう1ヶ月くらい、あっという間に経ってしまった。

 

 

何を隠そう、ビビってた。

 

1800人を集める!って宣言したどころか、

せっかくだから二日間のイベントにしよう!

 

って思い立って、

ペライチの山下さんと話して、

今は全国、47都道府県、1万人を巻き込もう。

 

という話になっている。

 

そして、大風呂敷を広げは広げ、ビビっている笑。

 

自分にできるんだろうか。

 

中途半端に人を巻き込んでないだろうか。

 

今フォーカスすべきことはなんだろうか。

 

そんなことを悶々と考えてたら、

どんどん思考は進み、ブログを毎日書こうとしていたのも筆が止まり、

どっから話せばいいのかわからなくなり、

そしてまた筆が止まる。

 

その繰り返し。

 

いかに自分が弱い人間か、わかるわ、本当。

 

そんな感じで、悶々とやっているわけだけど、

一つだけ決心したことがある。

 

それは

 

広めて、深めるのではなく、深めて、広める

ということ。

 

 

単純に考えて、多くの人を巻き込んでイベントを開催しようと思ったら

より多くの人に声をかけようと思ってしまう。

 

私も最初はそうすべきだと思った。

 

でも、現実的に考えたら違う。

 

 

一人が付き合える人間は、せいぜい100人〜150人という現実。

 

どんなにいいことをしようとしても、

どんなに影響力がある人でも、

一人が深く付き合える人の限界は、100人〜150人。

せいぜいそのくらいだ。

 

安部総理だからと言って、友達が1億人いるわけじゃないよね。

 

例えば全国で1万人を巻き込んだり、

1800人を集められたとしても、

私がその人たち全員の顔や名前を覚えるのは不可能に近い。

 

せっかく来てくれたのに、はい、楽しかったね。おしまい。

 

では意味がないと思うんだ。

それだったら最初から100人のイベントをすればいい。

 

でも、私はより多くのインパクトを社会に残したいというエゴがある。

 

だから私はこう決めた。

 

徹底的に勝たせるメンバーを60人集める。

 

んで、その60人と関係性を深め、

想いを共有し、最高の文化を作っていく。

そこで楽しみ、盛り上がり、中の人を勝たせていく。

その結果、

あ、あそこ、楽しそうなことやってるな、

私も参加してみたいな、

って感じで、結果的にその世界を広げていく。

 

私は今まで、意識的にえこひいきを避けてきた。

みんなのためのマネバナでありたかったから。

誰か、目の前の人のため・・・

とすると、すごい遅いんじゃないか、

そんなことをしている場合じゃないのではないかと思っていた。

 

でも、それは違うんじゃないかと思い始めた。

 

目の前の人も救えないのに、どこか、まだ見えていない人を救うことなどできやしないのではないか、と。

 

必要なのは、徹底したえこひいきなのかもしれない

 

だからこれからは、徹底的にえこひいきします。

 

まずは自らが想いを持って、自分のビジョンを持って頑張っている人たちを勝たせていきます。

f:id:t63yohei:20171030182441j:plain

f:id:t63yohei:20171030182527j:plain

 

 

広げて、深めるのではなく、

深めた結果、広がっていく。

 

遠い世界の誰か、、ではなく、

まず、目の前にいる人と一緒に。

 

 

そうして、お金に縛られず、一人ひとりが自分らしく生きれる。

心が躍り狂う社会を創っていく。

 

 

 

ってことで、えこひいきされたい方、お待ちしています!笑

 

Facebookでメッセでもくださーい!

 

高田のFacebookはこちら

 

 

稼ぐために働きたくない世代の話。「モチベーション革命」 

f:id:t63yohei:20171026190636j:plain

どーも!マネバナ高田です。

 

サイゼのワインじゃダメですか?

やっぱり、いいお店のワインがいいですか?

 

 

お金のために生きたくない。

お金のために生きた結果、いろいろなものを犠牲にしたからこそ感じている私の本心です。

 

お金はもちろん、大切だけど、

もっと大切にしないといけないものがあると思っていて。

 

ただお金を稼いで、生活するために貴重な時間を犠牲にするのは嫌だ。

 

それってお金の奴隷、仕事の奴隷じゃない?

と思っている。

 

別に、それがいい人はそれでいいと思う。

 

でも、今の時代、一歩外の世界を見渡すと、

自分らしく、生きがいを大切に生きている人はたくさんいる。

 

そしてそれは、別にいきなり仕事をやめなくても、

今の時代、お金もかからず、一歩ずつでも挑戦することができて。

 

私自身がその一歩を大切にしたいし、

そして、そんな一歩を踏み出す人を応援したい。

 

 

そんな生き方、考え方をまとめているのが、この本。

 

f:id:t63yohei:20171026190713j:plain

 

尾原さんのモチベーション革命。

 

この本では、二つの世代を比較している。

 

一つは、

働けば働くほど、社会に貢献し、自らも豊かになっていく。

ないものがあって、働けば働くほど手に入った。

乾いている世代。

 

そしてもう一つが、

今、30代以下の世代。

生まれた時からもう既に周りが豊かであり、

働いても豊かさを感じない、「ないものがない」世代、

乾けない世代。

 

その乾けない世代の考え方や、これからの時代の生き方が書かれています。

 

 

 

実はこの本、

何章か無料公開されていて、

乾いている世代も乾けない世代も、是非みんなに読んでもらいたい。

obarakazuhiro.jp

 

 

乾けない世代の苦悩

 

内容はまぁ是非読んでもらいたいのですが、

まさに私は乾けない世代で。

 

今まで、家も買ったし、車も買った。

なんならタワマンに住んでいる。

結構海外は行っている方だし、

ナパまで行ってワイナリー巡りもし、

オーパスワンできゃっきゃもしたし、

高級レストランも結構行った。

 

体験することは大切だと思う。

でも、それでは満たされない。。。

 幸せになれないんだ。

 

 

上記にあるように、

私はサイゼのワインで十分だ。

 

5000円も払えば、

焼肉屋で満足できるし、幸せになれる。

 

 

 

希望年収は600万円。そして、楽しいことがしたい。

 

いろいろ考えた結果、

希望年収は600万円だ。

家族もいるしね。 

 

資産は特にいらない。

お金を貯めるより、

そんなことより、楽しいことがしたい。

私的には人の人生や価値観がガラリと変わるような、

そんな場に立ち会いたいし、作っていきたい。

 

そうすることが価値になって、

信用や、生きるためや活動を活発にするためのお金が最低限あれば嬉しい。

 

何よりも、活動をしていく上で、いろいろな人と、

素敵な絆を深めながら、楽しい思い出がたくさんできたら最高だ。

 

 

お金を追い求めている人を見ると、

価値観が違うなー、と素直に感じる。

 

多分それって、いいとか悪いとか、そういうことではなく、

一人ひとりが好きなことを大切にすればいいのだけど。

 

でも、その一方で、

乾けない人が、自分の好きなこと、生きがいが見出せなく、

苦労している、苦しんでいるのも、たくさん見ている。

 

私はそんな人たちと、楽しいことをしたい。

 

マネバナの活動、

西野さんのイベントも含め、

乾けない世代が、一歩でも生きがいを大切に生きれるような、

そんな環境を作っていきたい。

 

そのために必要なのは、

多様性に触れられる場だと思っていて。

 

家庭と職場の往復だけではなく、

こんな世界があるんだよ、ってことに気づいてもらいたい。

 

 

教育とエンタメの融合。

 

そのためには

楽しさっていうのが必要不可欠。

 

今考えているのは

 

「お笑い」

「音楽」

「ゲーム」

との融合。

 

楽しんでいたら、気づいたら自分が磨かれていた。

世界が広がっていた。

仲間が増えていた。

 

結果として、一歩が進めた。

 

そんな感じになったら最高だな、と。

 

 

エンタメ、最高。

 

やりたことがたくさんありすぎて、

全然一人じゃできないので笑、一緒に楽しいことする人、募集なり!

 

 

t63yohei.hatenablog.com

 

 

 

 

 

人類皆家族になったら、お金はどうなるのか

どーも!マネバナ高田です。

 

ここ最近、コミュニティというものについて色々考えています。

コミュニティ、人と人との繋がり。

あなたは何か、コミュニティに入っていますか?

 

さて、マネバナといえば、お金の話。

私はお金っていうのはコミュニケーションツールの一つだと思っていまして、

人と人との関係性次第で、お金の役割は全然変わってくると思っている。

 

例えば、

1万円札を持って私が今からアフリカに行けば、

現地の通貨に両替して、飯を食ったり、ホテルに泊まったりすることができる。

 

例えば、

今から私が大阪の友人の家に行ったとしたら、

一晩くらい家に泊めてくれたり、なんならご飯をご馳走してくれるかもしれない。

 

例えば、

今から私が実家の札幌に帰ったら、

1年くらいはダラダラしてても許されるかもしれないし、勝手に冷蔵庫開けてビール飲んでも、怒られることはないだろう。

 

 

何が言いたいかと言うと、

お金っていうのは、目の前の人との関係性によって、役割が変わってくる。

ってことだ。

 

例えば、ホームレス小谷さんという、世界一幸せなホームレスがいる。

f:id:t63yohei:20171023165345j:plain

(マネバナトークライブ、ゲストで参加くださったときの写真)

 

彼は、

自分の一日を50円で販売している。

そして、相手が草むしりから、イベントの手伝いから、話相手まで、

共に時間を過ごし、

結果としてご飯(寿司!)をご馳走になったり、泊めてもらったり、

今では日本全国・・・どころか、世界中を飛び回っている。

 

 

た、、確かにホームレスなんだけど、

なんか、みんなが思ってるのとは違う笑。

 

そんな彼が目指しているのが、

世界中の人類みんなが家族になること。

f:id:t63yohei:20171023165517j:plain

 

私はそのビジョン、とっても素敵だと思っているのだけど。

 

 

お金の話に戻るけど、

老後に資産1億円、とか、そういう話を聞いたことがあると思うけど、

一人ひとりがお金を貯めようとするのは、

いざという時に頼れるものがお金しかないからだ。

 

もし、そんな世界で

人類、全員が家族だったとしたら、

もしかしたら一人ひとりが1億円なんか貯める必要ないかもしれない。

 

というか、ないだろう。

 

一人ひとりが強みを発揮し、

目の前の人が喜ぶこと、素敵な未来を創ることに喜びを感じ、役割を得て、

与え合い、支え合う。

 

私自身、そんな世の中に憧れている、理想を持っている一人だ。

 

お金のために、目の前の人、大切なものを犠牲にして、

それがどのような社会を創っていくのか。

 

って考えたときに、

もし、人類皆家族になったら、、、

目の前の人、全員が自分の家族だとしたら。

相手のことを信用し、

持っているものを分かち合い、

相手の可能性を信じ、幸福を願う。

 

そんな世界にとって、

お金はどんな役割を持つのだろうか。

 

もしかしたら、その世界にとって、お金っていらないかもしれない。

 

少なくとも、今のお金とは全く違う役割になっているのかもしれない。

 

 

目の前の人が家族だと思ったら、

お金の使い方や接し方って、変わるかもしれないよね。

 

 

あなたはどう思う?

 

 

 

 

恩送り、研究中。

 

t63yohei.hatenablog.com

 

 

プロジェクトメンバーも、引き続き募集中!

 

t63yohei.hatenablog.com

 

 

 

 

恩送り、してますか?

どーも!マネバナ高田です!

 

恩送り、って知っていますか?

 

例えば、学生時代。

先輩からご飯ご馳走して、

ありがとうございます!!!

っていったら、

「俺も、先輩にご馳走になってきたからさ。

後輩できたら、ご馳走してあげてな。」

 

っていう、、、

あれです!!!

 

恩を受けた人に返すのではなく、

次の人に手渡していく。

っていうやつですね。

 

 

なんでいきなりこんな話になったのかと言いますと、

恩送り。

これってとても素敵なんじゃないかなーと思ってまして。

 

受けた恩をどんどん人に渡していったら、

いろいろなものが循環していくと思うのです。

 

恩送りが広がることで、

世の中が変わるきっかけになるのでは・・・!?

 

と妄想しているのです。

 

例えばこちらのイベント。

 

f:id:t63yohei:20170920152343p:plain

 

西野さんの講演会を実施する

bondclubの柚木さんと、

先日BARを貸切にしてイベントを行ったのですが、

お金×絆=革命。

その内容こそ、恩送り。

 

みんなで恩送りについて考え、深め、

そして、実践していこうと飲み語りした一時でした。

 

f:id:t63yohei:20171010004022j:plain

f:id:t63yohei:20171010003916j:plain

(楽しかった!!)

 

1/12に行われるbondclubのイベントはこちらから!!

私も行きますよ!!楽しみましょう!!

10/31まで早割中!!!お見逃しなく!!!

anypay.jp

 

 

ってこんなで、恩送りについていろいろ考える日々。

 

柚木さんとは、

ペイフォワード、っていう恩送りに関する映画鑑賞会までして、

恩送りについての考察を深めています。

 

ペイ・フォワード [DVD]

ペイ・フォワード [DVD]

 

 

実際、ペイフォワードでは、

中学生が、恩送りを思いつき、社会実験を行います。

 

一人が3人に恩を送り。

その3人が恩返しではなく、また別の3人に恩送りをしていく・・・

 

そうすると、まるでネズミ講のように、3倍速で恩が広がってく・・・

 

目の前の困っている人、助けを必要としている人に、

他人だから・・・

と無関心でいるのではなく、

思いやり溢れる絆で結ばれる社会になるのでは・・・と思うのです。

 

 

自分の為だけに生きる人生が豊かなのか。

 

別に綺麗事を言っているわけではありません。

利己的に考えても、

自分一人で実現できることってとっても少なくて。

 

どうせ何かに向けて頑張ったり、よりよい人生を送りたいのだったら、

他力を使ったほうが、いいと思いませんか?

 

その為に必要なのが、

まずはあなたが先に誰かに貢献するってことなのかな、と。

 

 

 

金は天下の回りもの。それって本当?

 

金は天下の回りものって、聞いたことあると思います。

お金使っても使っても入ってこないよ!!

そんなこと、考えている人もいるのでは!?

 

これって、恩送りにも同じことが言えると思うのです。

 

恩送りするのには知っておかないといけないことがあると思っていて。

 

次回からはそれについて少し考察してみようと思います。

 

 

大・恩送りの会、開催します!

 

11/23 (木・祝)大恩送りの会を行います。

恩送りを実践する。

恩送りの実践結果を共有する。

より自分達が豊かに生きる社会を創っていく。

そのためにワイワイ楽しめる会にしたいです。

 

「恩送り」っていうワードにピンっ!と来た方、

是非一緒にやっていきませんか?

 

イベントページできたらまた告知しますので、日程空けておいてください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

集大成を作りたい。宣言。

どーも!高田です。

 

実は私29歳。

 

誕生日は1月11日。

ってことで、あと3ヶ月で30代に突入です。

 

この20代。

サラリーマンとして働き始め、

お金を求めFXトレーダーとして活動し、

起業し、コンサルタントに。

そしてその後、お金の大学代表となり、

マネバナ、そしてお金の循環道場・・・

ということで、お金とどっぷり向き合った10年間でした。

 

お金、そして生き方を探求してきたこれまでで、

これからもどんどん追求していきたい。

 

ですが、お金を知る、自分を知る、だけでは

人生は変わらないのは事実。

 

これからは、それに加え、

一人ひとりが活躍できる場をどんどん作っていきたいなと考えています。

 

 

そのために実は今、色々裏で動いているのですが笑、

その新しい活動の前に!!!

 

私が今まで培ってきた、学んできた「お金」に関する考え方や向き合い方を

しっかりとカタチにしたいなと。

それを20代の集大成として残したいなと考えています。

 

電子書籍、動画、レポート、セミナー、講演、ステップメール・・・有料、無料、それぞれあるとは思うのですが、なんらかのカタチで作っていきます。

 

ただいま、どんなコンセプトでまとめていこうか、悩み中。

 

お金の使い方、循環っていうのを切り口に、

人を巻き込みながら、コミュニティを創りながら

想いをカタチにしていく・・・未来を創っていく・・・

っていう感じかなーと、妄想中。

 

どっちにせよ、お金の奴隷解放プロジェクトにも、ガンガン絡んでくる話なので、

是非チェックしておいていただければと思います。

 

これを機にメルマガでも始めよう(再開しよう)かなーとも迷い中。

 

始めるときは報告するので、是非楽しみにしておいてください。

 

 

はい、という宣言でした。

 

 

ちゃお。

 

一歩を踏み出すために必要なこと

どーも!高田です。

 

このままじゃいけないとは感じているけど、行動できない。

そんな、茹でガエル状態になっていませんか?

 

その克服をするためには、

一歩を踏み出していく必要がある。

そんなことを今回は考えてみます。

 

私は現在、お金の奴隷解放プロジェクトとして、

いろいろ活動しています。

 

t63yohei.hatenablog.com

 

 

先日は初めての読書会を主催し、

f:id:t63yohei:20171010004145j:plain

 

その後はマネバナBARで、bondclubの柚木さんと。

お金×絆=革命の決起集会

ということで、お金や絆について考えてきました。

 

f:id:t63yohei:20171010004022j:plain

f:id:t63yohei:20171010003916j:plain

f:id:t63yohei:20171010003858j:plain

 

楽しかった!!!

 

 

 

その中で最近すごく感じていることが、

一歩を踏み出す必要性。

 

西野さんや、他の人でもいいんですけど、

その人の話を聞いたり、

本を読んだりして、

すごいなー!!!

参考になったなー!!!

っていうのは、誰でもできる。

 

でも、大切なのは、あなたが一歩を踏み出すこと。

 

行動だけが人生を変えれるからね。

 

 

とはいえ、行動するのはハードルが高い。

やらなきゃ、やらなきゃ・・・

と思いながらもできなかったり、

一歩を踏み出すのが難しかったり、

行動したいのに勉強ばかりしていたり・・・

 

わかる・・・!わかるぞー!笑

 

じゃあ、行動するために必要なのはなんだろう。

 

まさか・・・才能!?

 

じゃないよね。きっと。。

 

ってことで、それを知れたら、もしかしたらフォーカスするところが変わるのかなーと思いまして。

ちょっと今の私の考えをシェアしてみようと思います。

 

1、環境

まずは、これ。

環境っすね。

環境が人を変える。

環境が人を育てるっていうと思いますが、まさにだと思います。

ちなみに西野さんは環境が嘘をつかせる。

とも言ってますよね。

 

行動できる環境って、どういうことかというと、

まず一つは

失敗を愛し合える環境。

 

失敗せずに成功だけし続けて生きている人は存在しません。

 

人のチャレンジを笑わない。

失敗を賞賛し、お互いの勇気を与え合う。

そんな環境が必要不可欠だと思います。

 

そのために、一度考えなくてはいけないのが

「評価」

ってやつだと思います。

 

上司に評価されたい

親に評価されたい

友人に評価されたい。

 

そう思うから、

成功しなきゃ!!

利益出さなきゃ!

と思ってしまう。

 

失敗の数を争う必要はないけど、

挑戦の数を評価できるような場があれば、

挑戦したい!行動したい!!って思えるんじゃないかな、と考えています。

 

 

2、目的

 

次に大切なのは、目的意識。

目的がないと、やる意味を感じなくなってしまう。

 

ここで、目的の大切さを云々語っても仕方ないと思うのでやめますが、

ただ、難しいと感じるのが、

目的って考えても見つからないってこと。

 

行動するから、実践するから、挑戦するからこそ、感じること、味わうことができるもんだと思うんです。

 

目的がないから行動できない。

ではなく、

楽しいこと、やりたいこと、目の前にあることを全力でやっていたら、

いろいろ経験し、感じるからこそ、見つかるのかなーと。

 

 

3、きっかけ

 

そして、何より大切なのは、きっかけ。だと思うですよね。

言ってしまえば、タイミング。

 

家で悶々と漫画を読んでいたって、

多分きっかけは訪れない・・・

 

何かきっかけがあるから、人って行動しようかな、っていう選択肢が出てくると思うんです。

 

そして、そのきっかけは、間違いなく「人」が運んでくる。

 

人と会うことはもちろん、

思っていることを発信すること。

誰かの投稿にコメントすること。

あなたの意思を出していくこと。

それがきっかけに繋がるのかなーと。

 

って、ここまで書いてて感じたけど、

そういう意味では、

行動するのは一人じゃできないのではないかなーって。

 

いや、一人でできる人は勝手にやってると思うんだけど、

必要なのは、

知識とか、情報とか、勇気とか、コンサルとかじゃなくて、

もしかしたら人との出会いや、誰と付き合うか、、

っていうことなのかな、と。

 

やりたいと思えたことをやりたい!っていうこと。

相手の挑戦にいいね!!って言えること。

相手の失敗、そして成長に素敵!!って言えること。

相手の成功を心から喜べること。

 

失敗から、成功まで、そのストーリーを楽しみ合える。

そんな場が必要なんじゃないかと思うのです。

 

私自身、そんなコミュニティを作っていきたいと思うし、

 

今回、読書会!

ってやってますけど、

それも、

お金の奴隷解放プロジェクト

革命のファーストステップ

 

ということで、

一歩を踏み出せる場を作っていきたいと思っています。

 

是非一緒に最初の一歩、踏み出していきませんか?