想いをカタチに。お金の使い方革命「マネバナ」

マネバナ代表高田が、お金の話、マネバナを通じてお金のその先の未来を最高にしていくための実践記です。

人類皆家族になったら、お金はどうなるのか

どーも!マネバナ高田です。

 

ここ最近、コミュニティというものについて色々考えています。

コミュニティ、人と人との繋がり。

あなたは何か、コミュニティに入っていますか?

 

さて、マネバナといえば、お金の話。

私はお金っていうのはコミュニケーションツールの一つだと思っていまして、

人と人との関係性次第で、お金の役割は全然変わってくると思っている。

 

例えば、

1万円札を持って私が今からアフリカに行けば、

現地の通貨に両替して、飯を食ったり、ホテルに泊まったりすることができる。

 

例えば、

今から私が大阪の友人の家に行ったとしたら、

一晩くらい家に泊めてくれたり、なんならご飯をご馳走してくれるかもしれない。

 

例えば、

今から私が実家の札幌に帰ったら、

1年くらいはダラダラしてても許されるかもしれないし、勝手に冷蔵庫開けてビール飲んでも、怒られることはないだろう。

 

 

何が言いたいかと言うと、

お金っていうのは、目の前の人との関係性によって、役割が変わってくる。

ってことだ。

 

例えば、ホームレス小谷さんという、世界一幸せなホームレスがいる。

f:id:t63yohei:20171023165345j:plain

(マネバナトークライブ、ゲストで参加くださったときの写真)

 

彼は、

自分の一日を50円で販売している。

そして、相手が草むしりから、イベントの手伝いから、話相手まで、

共に時間を過ごし、

結果としてご飯(寿司!)をご馳走になったり、泊めてもらったり、

今では日本全国・・・どころか、世界中を飛び回っている。

 

 

た、、確かにホームレスなんだけど、

なんか、みんなが思ってるのとは違う笑。

 

そんな彼が目指しているのが、

世界中の人類みんなが家族になること。

f:id:t63yohei:20171023165517j:plain

 

私はそのビジョン、とっても素敵だと思っているのだけど。

 

 

お金の話に戻るけど、

老後に資産1億円、とか、そういう話を聞いたことがあると思うけど、

一人ひとりがお金を貯めようとするのは、

いざという時に頼れるものがお金しかないからだ。

 

もし、そんな世界で

人類、全員が家族だったとしたら、

もしかしたら一人ひとりが1億円なんか貯める必要ないかもしれない。

 

というか、ないだろう。

 

一人ひとりが強みを発揮し、

目の前の人が喜ぶこと、素敵な未来を創ることに喜びを感じ、役割を得て、

与え合い、支え合う。

 

私自身、そんな世の中に憧れている、理想を持っている一人だ。

 

お金のために、目の前の人、大切なものを犠牲にして、

それがどのような社会を創っていくのか。

 

って考えたときに、

もし、人類皆家族になったら、、、

目の前の人、全員が自分の家族だとしたら。

相手のことを信用し、

持っているものを分かち合い、

相手の可能性を信じ、幸福を願う。

 

そんな世界にとって、

お金はどんな役割を持つのだろうか。

 

もしかしたら、その世界にとって、お金っていらないかもしれない。

 

少なくとも、今のお金とは全く違う役割になっているのかもしれない。

 

 

目の前の人が家族だと思ったら、

お金の使い方や接し方って、変わるかもしれないよね。

 

 

あなたはどう思う?

 

 

 

 

恩送り、研究中。

 

t63yohei.hatenablog.com

 

 

プロジェクトメンバーも、引き続き募集中!

 

t63yohei.hatenablog.com