想いをカタチに。お金の使い方革命「マネバナ」

マネバナ代表高田が、お金の話、マネバナを通じてお金のその先の未来を最高にしていくための実践記です。

お金がないから・・・そんな言い訳はもういらない。《なめらかなお金がめぐる社会:家入一真》

どーも!マネバナ高田です。

 

お金持ちになりたいなぁ、、

お金があったらいいなぁ、、

 

そんなことを一度は考えたこと、ありませんか?

 

私はあります。

 

小学校のときから、夢はお金持ちになること。

 

お金持ちになってどうするの!?

そんなことは考えず、

お金持ちにさえなれば幸せになれるし、

南の国で、海の前でブルーのカクテルを飲めるのかなーと思ってました笑。

 

その結果いろいろありまして(プロフィール参照で笑)

今では、お金持ちになることが全てではないと思うし、

お金では買えない大切なものを大切にしていきたいと思っている。

 

でも、その一方で、お金は便利なもので、

お金があればできることもたくさんある。

 

現実問題、

収入以上のお金を使い続けることは無理かもしれない。

 

だからこそ、

お金がさえあればなー、

って思ってしまうのも無理はない。

 

 

でも、そんな言い訳は、今日で終わりにしよう。

 

 

お金がないから・・・そんな言い訳はもういらない

今回、読んだ一冊の本があります。

それはこちら。

 

株式会社campfire代表

家入一真さんが書かれた

「なめらかなお金がめぐる社会」

です。

(今回、ご縁ありまして献本頂きました。ありがとうございます!!)

 

f:id:t63yohei:20170829161238j:plain

 

 

家入さんの活動を知らない方に少しお話すると、

クラウドファンディングでシェアNO,1のプラットフォームcampfireや

フレンドファンディグと呼ばれるカンパのシステムpolca等、

お金を循環させるプラットフォームを、どんどん提供してくださっている方です。

camp-fire.jp

 

polca.jp

 

お金の循環道場を主宰している身としてはかなり共感度マックスな方です。

 

 

お金がないなら貰えばいいじゃん?

 

簡単に言うと、

お金がない!

・・・なら、誰かから貰えばいいじゃん?

 

ってことです。

 

例えばキングコング西野さんがやっているように

絵本の作成もその一つ。

 

でも、そうやって大きなプロジェクトじゃなくてもいい。

焼肉食べたい!

っていうものでもいいかもしれないし、

例えば今回、

マネバナでBARをするのですが、

いつもお世話になっている菅澤さんが、

痛風で悩む私のために

こんなプロジェクトをPolcaで立ててくださいました。

プリン体が少ない美味しい料理を提供したい

(菅さんの料理絶品なので、是非9月2日、一緒に食べましょう!)

 

これだって、お金を出し合ってみんなでご飯食べようよ!俺作るよ!

って言ったもの。

金額は一人500円。

 

どうです?

気軽でしょ?

 

 

やりたいことをやりたい!って宣言して。

そして、持っている人が分かち合う。

お金がなめらかになるって、こういうことなのかなーって。

 

 

お金をもらうことって悪いこと?

お金をもらうことに抵抗感がある人もいるかもしれません。

でも、あなたはただお金をもらうわけではないのです。

そのお金をエネルギーに、

何かを作ったり、何かを企画したり、何かを実現したり。。

そこに共感する人がいるからこそ、お金を出してくれる人がいるのですよね。

 

 

お金を集めるために必要な力

 

んじゃ、誰でもお金を集められるのか、と言われたら、そうじゃないかもしれません。

 

1、信用

例えば上記の例だったら、もし500円支援しても菅さんは料理を作ってくれない可能性があります。

この人ってちゃんと実行してくれるのかな?

そんな信用がその人にないと、お金は集まらないかもしれません。

 

2、共感

それいいね!

楽しそう!!

そんなワクワクする未来を描ける人のところにお金が集まると思います。

 

なぜあなたなの?

それやってどうするの?

そんなことを上手に伝えられるようになる力って、大切だと思いませんか?

 

より人が楽しく生きれる社会。

 

本来お金っていうのは、人々の可能性を広げてくれるものだと思っています。

そんなお金が、今は

お金がないから〜〜できない。

お金さえあれば〜〜できるのに。

と、人々の可能性を狭めてしまっていると思うのです。

 

お金がないから〜ではなく、

〜するためにはどうすればいいのだろう。

 

そう考えられる人が、一人でも多く増えればいいなと思っています。

 

そんな時に、

家入さんが提供くださっているcampfireやpolcaは大きな力になってくれること、間違いないです。

 

10年前なら、できなかったことがどんどんできるようになっている。

素敵な時代ですよね。

 

是非こちらの本、読んでみてください。

 

 

心躍る選択を後押ししたい

家入さんのサービスではなくても、

今、手元にお金がなくてもあなたができることは確実に増えています。

 

とはいえ、

・何をすればいいのかわからない。

・何がしたいのかわからない

・自信がない

・一人で挑戦するのはハードルが高い

 

そして、結局、

良しとはしていなくても現状維持を選んでしまっている、そんな人も多いと思います

 

私はマネバナ、お金や自分と向き合う話を通じて、

そうした人々の心躍る選択を後押しする活動をしていきたい。

 

自らアウトプットすることで共感されるのを実感したり、

挑戦している誰かに共感し、応援することによって何かが実現するのを体験したり。

一人ひとりの心躍る選択を応援できるようなリアルの場を作っていきたい。

 

そして実現していくツール、プラットフォームとして家入さんが提供してくださっているんだと思っています。

 

 

 

 

 

まずはこのマネバナ感謝祭、マネバナBARから。

 

一人でも多くの人が心躍る選択を

 

是非一緒に語り合えたら嬉しいです♪

 

 

こちらのトークライブも必見です♪

マネバナトークライブ ビジネスを加速させるコミュニテイとお金の話

 

 

〜家入さんへの心の叫び〜

いやー、それにしても、今回の本はよかった!!

みんなに読んでもらいたい!!

100冊買って、100人集めるので、トークライブとか企画させてもらえないかなー。

家入さんっ!!!!!

まだ20代の私に挑戦させてください!!!

家入さんの考え方や活動に勇気をもらえる方、かなり多いです!!

よろしくお願いします!!!!

 

Twitter