想いをカタチに。お金の使い方革命「マネバナ」

マネバナ代表高田が、お金の話、マネバナを通じてお金のその先の未来を最高にしていくための実践記です。

ルー大柴に学ぶ。これからの時代を生き抜くための「トゥギャザー」する4つのもの

f:id:t63yohei:20170523135339p:plain

お金の話で世界を救う。どーも、マネバナ高田です。

今回はルー大柴の話をしようと思います。

 

今まで全く彼に興味がなかったのですが、

トゥギャザーしようぜ!!!

 

って言葉が強烈であり、

さらに、私自身がやりたいことは

彼みたいにトゥギャザーしようぜ!!と誘うことなのだと気づきました笑。

 

少しこれから彼のことを意識してみようと思います笑。

 

トゥギャザー。

 

「共」

ともに・・・

とか、

一緒に・・・・

っていう意味だと思うのですが、

 

今の時代、一人では何も実現できません。

いざという時のために自分のためにお金を貯める。

もちろんその選択もありだと思います。

 

ですが、

我々の楽しさや、幸せって、

ほとんどの場合は誰か他の人と一緒にいるからこそ感じるもの。

 

そういう意味でも

「共に」

というのは大切なキーワードだと思うのです。

 

 

そう、時代は

togetherする時代だと思うのです。

 

んじゃ、何を「共」にするのか。

 

 

それが今回の本題です。

 

私は4つのものがあると思っています。

 

1、共感

ともに感じる。共感です。

楽しいよね。嬉しいよね。さみしいよね。嫌だよね。

いいことも悪いことも分かち合えます。

感情を分かち合うことによって、我々は幸せは二倍に、不幸は半分に・・・

そんな話も聞いたことがあるかもしれません。

 

目の前の人が笑顔だと、あなたも笑顔に、

目の前の人がブスっとしていると、あなたも少し暗くなっちゃいません?

 

感情や感覚を分かち合う。共にする。

それはこれからの時代、とても大事です。

 

なぜならAIやロボットにはそれができないから。

 

目の前の人と共感する力。

是非大切にしてください。

 

2、共有

そして次は共有。

そう、共に所有する。

今の時代は「シェア」という言葉を使ったほうがわかりやすいのかもしれません。

全員が車を持って、全員が家を持って、、、等、そんなことができる時代ではないこと。これは資源的にもそうですし、経済的にもそうだと思います。

 

その時に大事なのが、共有するということ。

 

そもそもですが、

我々は物が欲しくて生きている訳ではありません。

そのものを使った結果、利用した結果、手に入れられる「価値」が欲しくて物を買うのです。

我々はドリルが欲しいのではなく、穴をあけたいだけなのだ。

的な話は、マーケティングの世界ではよく言われますよね。

 

何か物を一人で持つ必要は全くない。

だからこそ、シェアハウスやシェアオフィス、カーシェアなんかも流行ってますし、

服のシェアから、今は家事代行のシェアサービスもあるらしいですね。

 

あなたが持っている物で分かち合える物はないだろうか。

そんなことを考えてみてもいいかもしれません。

 

3、共育

 

そして次に大切なのが

共に育つ。

という意味での共育です。

縦の時代、横の時代、という話を私はよく言うのですが、

今は私は横の時代だと思っています。

 

どういう意味かと言うと、

自分よりも偉い人や年配者が答えを持っていない時代

ということです。

親、上司、会社、企業、株主、国・・・

彼らの言うことを聞いて幸せになれる時代ではない。

だって、彼ら自身が悩んでいるから。

答えをわからずもがいているから。

 

答えを教えてもらう教育ではなく、

共に考え、共に育つ、共育。

それが求められていると思うのです。

 

4、共創

さて、最後がこちら。

共創。

共に創り出す。

という意味です。

何か一つの物を共に創り上げる。

物かもしれないし、サービスかもしれないし、

理想の未来かもしれない。

 

我々は一人では大したことは作れなくても、

力を合わせれば何かができるはず。

 

そんな共創していく力。が求められていると思うのです。

 

 

さて、トゥギャザーする4つのもの、いかがでしたでしょうか?

共感し、共有し、共育しながら、共創していく。

 

それができるようになると、

あなたの人生、豊かになりそうだなぁ・・・と思いませんか?

 

 

トゥギャザーするものはわかった!

んじゃ肝心のお金はどうすれば!?

 

なーんて話を次はしようかなーと。

 

楽しみにしてくださいね!それでは!

 

3000円ゲームを体験頂くと、この辺の感覚は実感できると思います。

是非一緒に遊びましょー♪