想いをカタチに。お金の使い方革命「マネバナ」

マネバナ代表高田が、お金の話、マネバナを通じてお金のその先の未来を最高にしていくための実践記です。

学校では教えてくれない!欲しい未来をつくるため必要な3つの力。

 

 

f:id:t63yohei:20170219215831j:plain

我々が望む未来や夢を描けたとして、

それを実現するのには「力」が必要です。

 

そしてその力は、義務教育でも名門大学でも、そして会社でも、誰も教えてくれません。

 

その力を身につけるだけで、間違いなく人生がプラスの方に変化していきます。

どうして誰も教えないのだろうか・・・

 

今回はそんな3つの力をざっくりと紹介していきます。

 

1、対話する力

一つ目はこれです。

対話する力。

 

まず、対話する対象は二種類あります。

 

まず何よりも大切なのは、

自分自身と対話する力です。

 

・自分は何をしたいのか

・どうなりたいのか

・どうありたいのか

・何が嫌なのか

 

それを知るのはあなた自身しかわかりません。

 

今、時代を動かす力を持つ人は間違いなく

この自分自身と対話する力が優れています。

 

そして2種類目が、目の前の人との対話です。

目の前の人の可能性や成長を信じ、

どのようにすればより良い未来を作れるのかを

対話する力です。

 

相手の可能性を引き出すことができる力、と言っても違わないかもしれません。

 

これを別のいい方をすると、

「しつもん」の力

とも言います。

 

私の師でもあるマツダミヒロさんの素晴らしく専門性のある分野です。

 

 

2、巻き込む力

 

二つ目に大切なのが、巻き込む力。

目の前の人を仲間にする力であり、共感してもらう力です。

 

我々は一人では想いを形にすることは難しいです。

 

ワンピースの麦わらのルフィを想像するとわかりやすいかもしれません。

 

相手を無関係な人や敵と考えるのではなく、

共にビジョンを実現する仲間と捉えること。

 

一人でも多くの人を巻き込んで実現していく力です。

 

 

3、資本を活用する力

 

そして3つ目が、資本を活用する力です。

資本というのは、いろいろありますが、

たとえば、お金の話です。

お金はただ持っているだけでは意味がありません。

どのように活用するかで、本当に得られるものが変わってしまいます。

 

お金だけではなく、時間もそうですよね。

これも貴重な資本です。

肉体もそうですよね。

 

我々が持っている貴重な資本をどのように活用していくか。

それによって人生が変わってくるということは、

容易に想像できるのではないでしょうか。

 

 

という以上の3つですが、いかがでしょうか?

 

これら3つの力を身につけるだけで、人生が良くなっていきそうだなぁ〜〜とは思いませんか?

 

もちろん簡単なことではありませんし、

何よりも答えがあるものではありません。

 

ですが、常に意識し続けることによって、

どんどん差が出てくることは間違いありません。

 

これら、学校では身につけられない3つの力。

なんとその力は、「マネバナ」をすることで身につく力なのです!

 

これは本当。

私はマネバナをし続けたからこそ、

自分自身と、周りの仲間と、そして資本と向き合って、

よりよい選択をすることができるようになってきました。

(まだまだ修行中の身ではありますが。)

 

これから何回かに分けて、

なぜマネバナを通じてこれらの力が身につくのかをお伝えできればと思います。

 

楽しみにしていてくださいね♪